どうも!志賀創建ですが?

お仕事のことやらバイクのことやら 色々ぶつぶつします、 今お住まいの家や、これからのマイホームの疑問、質問にも、 可能な限りお応えします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事版、お客様の住いが出来るまで〜第二回、

さて、二日目ですよ  (`・∀・´)
DSC_0114[1]_convert_20120313220701
そう、上棟です、


通常このてのタイプの建物は25坪〜35坪位なら7、8人位で建てます
大勢での工事は上棟のこの日だけ、
後は、基本一人での作業となります
 
しんどい!  (||´Д`)o

気になる継手の仕掛ですが
DSC_0116[1]_convert_20120313220806
黒い金物、


ここは柱が立つ所なんですが
このパイプに柱を差し込みまして...

DSC_0115[1]_convert_20120313220914
バッチリ効いてまっせ!


このように横に空いている穴に金属のピンを打込みます
コレが結構硬くて…
間違えたら抜くのが大変な程です

梁と柱の仕口もほぼ同じ、
プレートに梁をかけてピンで固定します
ピン工法とよばれるのはこの為ですかね?


DSC_0118[1]_convert_20120313221210
皆のおかげで無事終了!

この御宅は2階建て+屋上ガーデン仕様です
スゴイ!


DSC_0119[1]_convert_20120313221112
元々高台に建っているのでこの眺め!
イヤイヤ〜 絶景かな絶景かな
なんとも贅沢な家です
早くお客様に見せてあげたいな。 (´▽`)



有難うございました! また次回ね  ヾ(@^▽^@)ノ 









スポンサーサイト

お仕事版、お客様の住いが出来るまで 第一回!

家を建てる、 と言っても
どうやって出来るの? どれぐらいの期間で?
これから購入予定だけど、何か不安...
お見せします、家創りの始まりから御引渡しまで
 
実際に僕と一緒に見て行きましょう
 
(スイマセン、基礎工事は撮れませんでした)  <(_ _)> 


DSC_0105[1]_convert_20120312004652
基礎全体です


今回の建物は、ピン工法と言われる木造軸組在来工法のひとつで
ごく一般の建物とは少し違います、(最近は珍しくないかも?)
 
では、参ります  (o・・o)/


DSC_0107[1]_convert_20120312004832
(´;ω;`)  ううー寒っ 今にも雨が降りそう...  つーかもう降ってるぅぅ


先ずは、基礎の上に敷く土台の面墨を打ちます
正確な作業が要求されます
この墨が歪めば家が歪むことになります
写真は有りませんが角はレーザー墨出し機などを使いまして、性格に90度にします
この墨に従いドリルでアンカーボルトの穴あけ作業をします(基礎天から飛び出てるボルト)


DSC_0110[1]_convert_20120312005048

次に基礎パッキンを敷きます、
通気と防鼠のための画期的な部材です
昔の建物によく見られる基礎の風窓ですが
大きく基礎を斬り欠くので強度が著しく低下するため
現在では殆ど施工されなくなりました
この基礎パッキン工法は基礎の強度を犠牲にすることなく
外周全面換気出来るので、とても効率的なんですよ  


DSC_0111[1]_convert_20120312005200
写真では分かりにくいのですが、角の太くて短いボルトには、
このゴツイ金物、ホールダウン金物、が使われます
 
柱の根っこで特に強い引抜き応力がかかる場所に使用します、
建物の構造計算にもとずき、効率良く配置されます


DSC_0113[1]_convert_20120312005328
来たよ、来た来た 雨が降って来ましたよ、
もうビショビショ...  (;´Д`)


後は墨どうりに土台を配置、ボルトをインパクトレンチで締めながら
カケヤ (デッカイ木槌のこと)で叩きながら通りを修正しまして...
土台施工完了
 
あ、忘れずにさっきのレーザーレベルで土台の高さをチェック、
全高低差2ミリ、
OK! 合格ラインです
ここまでで約一日の作業です
翌日は上棟であります
  

有難うございました、また次回ね! ヽ(*´∀`)ノ





プロフィール

ヨシボゥ

Author:ヨシボゥ
神奈川県の海の方に生息しております 
ヨシボゥです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。